So-net無料ブログ作成

北海道ディナー♪ [*あれこれ]

67122018_2256634551333999_1663182800695590912_n.jpg 今日は、[ぴかぴか(新しい)]自然栽培のお野菜[ぴかぴか(新しい)]をたっぷり使った[ぴかぴか(新しい)]『北海道ディナー』[ぴかぴか(新しい)]というイベントに参加してきましたー!

 おいしいお料理のほかに、自然栽培を提唱した木村秋則さんのトークショーや、自然栽培に携わるみなさんのこれからの農業の展望や、そして環境、福祉についての熱いお話を聴くことができて、おなかも心も大満足でした!

 同じテーブルを囲んだみなさんも様々な職種の方々で、いろんなお話を伺うことができてとても良い刺激になりました♪
 慣れ親しんだ人達の集いもいいですが、時々は未知の領域(?)にポンと参加してみると、思いがけない人達との出逢いがあり、そこでまた新たな世界が広がっていく気がします。

IMG_0025 (1).jpg←木村秋則さんです♪

 久しぶりにお姿を拝見したのですが、以前よりお身体が小さくなった気がしました。
 ご病気もされたようなので、そのせいかもしれませんね……。
 どうぞ、くれぐれもお身体を大切に!

 人気者の木村さんの周りには常にたくさんの人が集まり、話しかけたり写真を撮ったりで、せっかくのお料理をくつろいで召し上がる暇がないようで、なんだかお気の毒に感じました。

 さて、今回のメニューですが……!!

IMG_0012.jpg

 まず、一番最初にテーブルに運ばれてきたのが、 フルーツホオズキにチョコレートをコーティングしたスイーツでした♪
 フルーツホオズキを食べたのは、実は私、今回が初めて。
 甘くて少し酸味があり、トマトに似てるような似てないような(はっきりせい!)、ちょっと不思議な味でした。

IMG_0014.jpg

 お次は、さやあかねのムース アマランサスのビーツジュレ スイートコーン添え。見た目はもちろんのこと、おしゃれなお味でした。

IMG_0015.jpg

 はい、次々いきますよー!
 こちらは、海の幸のカルパッチョ 野菜のハーモニーテラスガーデン仕立て
 私も今度から、家で作るオリジナル料理にこういった凝ったネーミングをしてみようかな。ふふっ♪
 こちらも家ではなかなか味わえないお味でした。

IMG_0016.jpg

 こちらのパンは、北海道小麦の全粒粉と黒千石というお豆を練り上げたパンです。
 黒千石(くろせんごく)は黒豆の一種で、イソフラボンやポリフェノールはもちろんのこと、アレルギーや感染症、そしてがんに対する免疫を高める物質を、豆類の中で唯一含む特別なお豆なんですって!
 昔から北海道で作られていたらしいのですが、一時期、生産に手間がかかる作物だとして生産がストップして幻の黒豆となったらしいです。しかし、世の中の健康志向の高まりと共に再び注目されるようになり、息を吹き返したとのことです。
 私はお米を炊く時に、ほかの雑穀と共に黒千石も加えています。なので、日常的によく口にしているお豆です。

IMG_0017.jpg

 こちらは、札幌黄オニオンと大豆のグラタンスープ
 シェフが、朝早くから夕方まで根気強く炒めた玉ねぎが使われているとのことで、そのシェフの努力の甲斐あって、玉ねぎの甘さがよくでたとてもおいしいスープでした♪
 札幌黄という玉ねぎも黒千石同様、昔から北海道で作られていたそうですが、生産量が少なく日持ちがしないなどといった理由で、扱いがたやすいほかの品種に押され、一時期そのなりを潜めていました。が、しかし最近になり、古くから育てられていた地元野菜を見直そうという動きとも相まって、札幌黄も再び人々に注目されるようになりました。
 札幌黄は、肉厚で柔らかく、加熱後の甘みがほかの玉ねぎとはまるで違うのだそうです。
 札幌黄も黒千石も、今でこそあちこちのお店で見かけるようになりましたが、私が子供の頃、それら二つの食材を見たり食べたりした記憶はまるでありません。
 北海道の伝統野菜の良いところが認められ、復活して、道民としてはなんだか喜ばしく感じます♪

IMG_0018.jpg

 こちらは、北海道産あいなめと野菜のカポナータ・モザレラチーズ焼きと大根コンソメ煮、春菊・ケールのバジルソース
 なんて長いタイトルのお料理なんでしょう!
 このお料理も、家庭ではなかなか味わえない特別なお味がしました。

IMG_0020.jpg

 そして、こちらがメインディッシュのドロ豚肉煮込みカカオエピス風味 さやあかねのモスリンです。
 正直に言うと、……普段、お肉を食べない私には、ちょっと辛いメニューでした。が、もちろん感謝して全ていただきましたよ。
 豚さん、ごめんなさい!どうもありがとう!!(><;)

IMG_0021.jpg

 こちらはデザートの、フルーツのジュレと札幌ヨーグルトブランマンジェ ハスカップのソルベ、フルーツホオズキ添えと、コーヒー。
 デザートをいただく頃には、もうおなか一杯。ああ、なんて贅沢なんでしょう…。
 お料理ばかりではなく、乾杯の時に飲んだワインもドリンク類(ブドウジュースや梅シロップなど)も、自然栽培の作物から作られたものばかりでした。

IMG_0023.jpg

  会場には、自然栽培農家さんが手塩にかけて育てた野菜や調味料、スイーツなどを販売するブースもありました。
 味見をさせてもらう度に素晴らしくおいしくて、私はいちいち感動してました。

IMG_0036.jpg

 私が購入した物は、ドライズッキーニとドライミニトマトに、それから今日初めて食べたフルーツホオズキです。もちろん全て、自然栽培。
 ドライズッキーニは、信じられないほどに甘くて、まるで甘いスナック菓子を食べてるようでした。ドライトマトも、野菜ではなくてフルーティーなベリーのようでした。
 どれもおいしくて、すぐに食べてしまうのがもったいない気がします。

 今回、自然栽培のお野菜を使ったホテルでのディナーがあると知って、ただでさえおいしい自然栽培のお野菜が、プロの手にかかるとどうなるんだろうとの好奇心から、『北海道ディナー』に申し込みました。それと、尊敬する木村さんのトークショーも、是非、拝聴したいとの思いがありました。
 ですが、申し込んでしまってから、「……ん?もしかして、コース料理ということは、お魚やお肉も出るのかな?」と、少々困惑しました。
 なぜなら、私、家では全くお肉を食べないので。お肉を調理して食べなくなって、かれこれ10年以上経ちますが、これといって体調が悪くなることもありません。最近は、なぜか魚貝類も食べたいと思わなくなってきて、ほとんど口にしなくなりました。
 ですが、今回のように外でお食事する機会があって出てきた物は、お肉だろうがお魚だろうが、ありがたくいただくことにしています。
 食べずに残すこともできるのですが、返って動物達の命を無駄にしてしまうことになりますし、一生懸命作ってくださった方々にも失礼にあたりますしね。

 ともあれ、今日もとてもしわせで充実した一日でした。
 このイベントの関係者の皆様と、たくさんの命に心から感謝です!
 自然栽培が特別なものではなく、世界中で当たり前のこととなりますように!
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。